視界が見えにくくなったので大阪の眼科で眼瞼下垂手術を受けました

歩いて手術へ痛みなく手術終了

瞼が下がり二重の大きな目が一重瞼に / 歩いて手術へ痛みなく手術終了 / 目が大きくなって視界が広くなった

順番がきたらしく名前を呼ばれ、徒歩で手術室へ入ると、医師と2名の看護師がいて診察台のような椅子に座らされ、手術は開始されました。
ここまでくるとそれほど怖さは感じず、もうすべてまかしていいやという開き直りの気持ちでした。
最初に麻酔を注射器で打たれましたが痛みは全く感じませんでした。
その後は目にガーゼのようなものをかけられて視界はおぼろげになり、どういったことをしているのかは全くわかりませんでしたが、痛みを感じることもなく手術は終了しました。
時間は両目で一時間ちょっとでそれほど長くは思いませんでした。
その日は少し色のついたメガネをかけて帰宅、家に帰ってみてみると瞼が少し腫れて赤くなっていて、痛みはほとんどありませんでした。
この時はまぶたが上がっている、手術の成果が現れているという実感はなく、いままで通りの自分の顔のようで本当に施術をうけたのか、良くなったのかと不安に感じました。
次の日は抜糸、覆っているガーゼを外し処置を施し、この時も全く痛みはなく短時間で終了しました。
この時初めて鏡で自分の顔を見て、あっ!目が大きなってるというのが判りました。